ijenaの文章

独り言とお喋りの間のようなブログ。

えーん

宣言しちゃったしなあ……。

いや、話します、書きます。

表現します。

 

 

皆さんはなにをもって彼氏、彼女って言ってるんでしょう?

恋人ってなんですか? …多分、恋人って言葉は人によって使い方が違う気がします。

恋人を「恋(をしている対象の)人」って捉えれば、片思いもアリ、なんなら恋をしている相手が気持ちに気付いていない場合も含む、ってなりますよね。

恋人を「交際中の人」として使う人もいますよね、そうなったら確実に、私には恋人がいません。

だからといって前に書いた捉え方で恋人を定義しても…うーん、いません。

多分。

もはや恋がわからない。

 

私が「好きな男の子」と言うのは、昔から「すごいと思う人」でした。

私より面白い、私より算数ができる、私より……すごい!!

みたいな。

だからわかりません。世の恋愛ドラマや恋愛映画で、ヒロインが相手方の見た目で恋をしたり、突然のキスで恋に落ちたりが。

キスぐらいあります。突然のキス。

でも「だから?」といった感じです。

もっと正確に言えばそれもわかりませんでした。

どうして彼はわたしにキスをしたのか。

どうして急にしたのか。

どうして隠れてしたのか。

どうして何度もしたのか。

結局どれも当時はわかりませんでした。

嬉しくもない、いやでもない、なんともない…。

好きだったんでしょう…ね。

この答えも、幾年も経ってから。たくさんの恋愛作品を見たり聞いたりしてようやく出ました。

遅っ。

そんな感じです。

でもそれが普通の恋なんですかね、

ずっと一緒にいたい、たくさん話したい、手をつなぎたい、抱きしめたい…

それも全部特になくて、ただ尊敬しているのは、恋ではないのでしょうか…

私が恋と思っているのは恋と言ってはいけないのでしょうか

 

いやいや、人が人を好きになる理由なんて人それぞれのはず

 

いや、好きな人に手を繋がれたら私、とっても嬉しかったぞ

とても。

 

おそらく…自分からは思わなくても、そうやって尊敬して、ああ、私はこの人に恋しているんだなあと思う人に、そういう系(そういう系? )のことをされると人並みに…(人並みに? )緊張するのだろうし、うれしいです。

よかった、普通だ、きっと

私は昔から、そして今でも、変わっているとよく言われるので

どうしても普通を気にします。普通と思えば安心します。

 

そう、今、私が恋をしているのかどうかさえわからないというのは、その、

尊敬しているのではなくて、ただ「素敵だなあ」と思うだけだからです。

その人は物腰が柔らかくて、いい塩梅に大雑把で、whenで聞けば時間を、whereで聞けば場所を教えてくれる人です。

めったにいないんですよ、文法書と同じようにきちんと返事をする人って。

いつにする? なんで答えないといけないの?

とか

どこにする? とりあえず明後日にしよう

みたいな。

よくそんなので英語の勉強できたな! と思います。

それから彼はyesかnoで答える問題にも、しっかりyesかnoで答えます。

そんな人も、あまりいません。

りんごは好き? バナナは好きかな~

(おいところでりんごはどうなんだよ)

みたいな。

わかります? これ、伝わります?

あと、彼は絶対に人を責めない。(そのかわり…かどうかは知りませんが絶対に謝りませんね)

馬鹿なのか賢いのかわからないけど人間として賢いのは確か。

生きるのに必要な知恵を…うーん、でもあまり仰々しい褒め言葉は似あわないんですよね、

とにかく、

一緒にいて、ああ素敵だなあ、こんな人がいると気付いた私は見る目があるなあ、と

そーんな気持ちになる人です。

素敵なんです。ただただ。ただただ、素敵。

好き、ではない。

彼氏になってください! とか、

付き合ってください!

ではないです。

一緒にいたいなあ…と

それだけです。

 

残念ですね。

 

好きになれたら

好きだと思えたら前に書いたような言葉が出てきて、

恋人になるかもしれない。

でも好きと思わないから

ただの…

ただの素敵な人

 

一旦話を戻しますが、多分、いやおそらく、いや、多分もおそらくも一緒か、なら絶対、突然のキスで恋に落ちるヒロインは、前々からその突然の…を与えた人が気になっているんです、だから恋に落ちるんです。

 

気になるって、なんだ。

 よく使いますよね、「気になる人いるの? 」 みたいな。

何なんだ、「気になる」って。

アバウトですけど、確実に共通感覚ですよね、これ。

気にはなりますよ、

今こうして彼のことを書いているわけですから…まあ考えてますよ少し

それこそやっぱり私は彼が「気にな」っているわけですよ今まさに!

 問題は、問題なのは、私が彼の考え方、価値観に恋をしていることです。

わかります?

私と違う価値観…! 私にはできない考え方…! すごい…!!

で?

で? ってなるでしょう、

無理でしょ、この続き。

価値観が違う者同士、惹かれあったらまあそれはそれは、それこそ映画のような恋ですね、素敵と思いますが

価値観も違えば表現の仕方も解釈の仕方も違うんですよ

もはや言語以上の壁があるんですよ、

イタリア人と恋愛するのにイタリア語の勉強だけでいいならそっちの方が楽ですよ

同じ日本人で、日本語母語話者でも

無理なんですよ。

同じ空を見ても

雨は降っていない、と思うのと

あの雲はチーターみたいな形をしているなあ、と思うのとでは

わけが違うんですよ

見ているものが同じでも、

今日は晴れてよかったなあと

同じことを思っていたとしても

違うんですよ

晴れてよかったなあを共有するのにどれだけのトラップがあると思います?

「雨は降ってないね」

「ほらみてチーターだよ」

いつ、「晴れてよかったね」というセリフが出てきます?

いつですか、

待てばいいですか

いつまでですか

お互い同じことを思っているなんて

お互い同じことを伝えようとしているなんて

いつわかります? どうやってわかります?

ああ、むり。

ああ、すてき。

 

きっと私は価値観は違えど表現方法が同じ人、を探すんですよ、

きっと。

これから。

彼はきっとニアミスです。

98点。

100じゃない。

あまりにも惜しいからこんなに悔しいんですよ

多分。

多分そうです。

広告を非表示にする